I use this cable with Edition 5 unlimited and Edition 8 Julia

I'm not good at English. I write a review with Japanese, my native language. However, I try to write in English.
It is probably incorrect.

I always use Oslo III with Edition 5 unlimited and Edition 8 Julia.
Those socket type is MMCX, but It is stable.
The sound is very good than accessory cable.

If you use Edition 8 the outdoors, you might pay attention to disconnection.

I think it is worth to pay more money for this cable, Oslo III. I'm extremely satisfied with my decision.

Oslo IIIのShureコネクタ(MMCX)を購入しました。イヤホン用の規格ではありますがultrasoneのedition5 unlimitedとedition8で利用できました。取り回しはALOのSXC24等と比較して良いですが、外で使用する場合は断線や折れに注意が必要です。

感想としては聞き疲れのない上品な音だと思います。特にedition5においてはedition8との性能の差を十分に引き出せる、数少ないケーブルだと感じました。安価なヘッドフォンやイヤフォンでも良い音を鳴らすとは思いますが、私の主観ではよりよいヘッドフォン、イヤフォンの方が性能を実感できると思いました。

リケーブルは費用対効果が悪いと一般的には言われています。しかしながら、このケーブルには高価な費用を投じる価値は十二分にあると感じました。とても満足しています。

至高のケーブル

カスタムのRoxanneのために、JHのベースコントロール付き、2.5mmバランス端子アウトで購入。純正ケーブルと比較すると、やや太く固いケーブルだが、同価格帯のケーブルの中では取り回しはいいように感じる。コネクタ部、ベースコントロール部、端子部とも作りは丁寧で安心して使用できる。音質は、解像度が上がり、特に高域の伸びが感じられる。純正からだと、正当なステップアップを体感できるだろう。他社の同価格帯のケーブルと比較すると、高域の伸びと透明度、分解能は特質するものがある。しかし、人によっては、高域が刺さるように感じる人もいるかもしれない。音の固さは全体的に柔らかくなる印象を受けた。

総じて、高価だが、その価値は十分にあると感じた。

全てにおいて妥協を許さないケーブル

まず、感じたのは低域から高域にかけて満遍なく質のいい音が鳴る事。
解像度もかなり高いと思います。
OsloⅡが好みだった方はより一層の高みを感じられるケーブルだと思います。
正に、最高峰リケーブルです。
値は張りますが、それに値する、期待に応えてくれるケーブルですね。
汚れやすいのが難点ですが、取り扱いには十分注意して使いたいと思います。

低音が綺麗に鳴ります

線材が銅なので、やはり低音が綺麗に鳴ります。
Signalは若干低音が抑え気味でしたが、このケーブルはしっかりした低音と解像度も損なわないバランスで、非常にいいです。

IEMとの相性もあるかもしれませんが、オススメのケーブルです。